いろんな業種で利用が可能

決済代行サービスの種類

決済代行サービスはどのような種類があるのかをご紹介していきます。
これを知ればネットビジネスだけではなく実際のお店を経営している人も利用をするのに値するというところもありますので確認をしておきましょう。

・口座振替
いわゆる銀行引き落としです。
毎月決まった日に銀行から引かれるように手続きをしてくれるので自分で集金をする手間がありません。
キャッシュカードのみでも請け負ってくれるところもあります。

・コンビニ決済
コンビニに行っての支払いをお願いする方法です。
全国どこでも決済が出来るので安心して利用が出来るというところがユーザーにとってはメリットです。

・デビットカード決済
口座振替と同じ内容にはなりますが、デビットカードでも引き落としをすることが可能です。

・クレジットカード決済
クレジットカードでの引き落としが出来るようになっています。
利用者にはとてもリスクが少ない決済方法と言えるでしょう。

こんな実用事例も

ここでは決済代行サービスの実用事例をご紹介していきます。

・学習塾や習い事での集金
毎月の授業料を口座引き落としにすることが出来ます。
ユーザーの心をうまく使ったやり方と言えます。
忙しい合間を縫って支払いに行く必要がなくなるので仕事に専念してもらう目的があります。

・家賃としての引き落とし
口座引き落としを活用すれば毎月の家賃を遅れなく集金が出来るようになります。
オーナーは安心して経営に専念が出来るようになります。

・保険にも活用が可能
保険の集金を行わなくていいというところも大きいです。
指定口座から引き落としが出来るので未収金という事例がなく、いつでも保険が使える状態になっています。
ユーザーの満足度も高くなるという面があります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ