決済代行サービスとは何か

自分で集金と決済代行サービスの違い

まずはお金の流れを見てもらえればと思います。

自分で集金を行う場合は自分の指定口座へ入金を行ってもらう必要があります。
その場合、いつまでたっても入ってこない可能性があります。
そうなってしまえば経費だけが掛かり損をしてしまいますよね。
また、先述の通りですが、クレジットカード決済を行うには審査が必要なので、時間と手間がかかります。
そして会社によって入金日がバラバラなのです。
全て自分で管理をしておかなければなりません。

決済代行サービスを利用する場合は口座振り込みはもちろん、コンビニ決済やクレジットカード決済も一括で行ってくれるのでユーザー側は自分に合ったものを選択できます。
そして、レスポンスよく集金が出来るのです。
また、入金も指定期日にまとめて一括で出来るようになっているので入金管理の手間も少なくて使い勝手がいいのです。

決済代行サービスのメリット

決済代行サービスの一番のメリットは確実にお金が入ってくるということです。
口座振り込みのみであれば何日たっても振り込まれない可能性があります。
そのため直接購入者との連絡を行わないといけないので手間がかかり、経営に悪影響が出てしまいます。

しかし、クレジットカードであれば確実に入ってきます。
しかも利用者が多いのでクレジットカードのみにしてしまえば安心して経営を行うことが出来ます。
そのため集金の手間が省けるのです。

決済代行サービスは他のいい方で言えば集金代行サービスともいわれております。
決済代行を請け負ってくれる会社は集金を行ってくれるので効率よく経営が出来ます。
ビジネスを行っている人にとって強い味方ともいえるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ